FC2ブログ

6月の干潟清掃で「渡り鳥サポーターになろう」

梅雨らしい季節になりました。
昨日からの雨が止んで、なんとか活動できる天候に。今日の参加者には「晴れ男」「晴れ女」が多いんでしょうね(笑
BB_20180616blog_PHOTO1.jpg

今日は6月16日(中潮)。
BB_20180616blog_PHOTO2.jpg

今回は、定例活動の「第一土曜日」とは別に、「三越伊勢丹グループ様」からの熱いご要望により活動が実現。2ヶ月連続で大人数でご参加いただきました。ありがとうございます!
まずは恒例のブリーフィングからスタートです。
BB_20180616blog_PHOTO3.jpg
ブリーフィング後、ネイチャーセンターの真下にある干潟観察へ。干潟に生息している様々な生きもの達を発見できました。
BB_20180616blog_PHOTO4.jpg

いざ、干潟へ!今日は中潮だけあって、干潟が広い!
BB_20180616blog_PHOTO5.jpg
大人数での活動は、ゴミ拾いがはかどります!
BB_20180616blog_PHOTO6.jpg
BB_20180616blog_PHOTO7.jpg
BB_20180616blog_PHOTO8.jpg

拾得物も、多数!
まずは、長靴。実は、中でカニが生息していて、これを「ゴミ」扱いすべきなのか?この手の共生(?)してしまっているゴミが多く、いつも悩まされますね。。
BB_20180616blog_PHOTO9.jpg
そして、今日とても目立っていたロープ類。ちゃんと処分して欲しいものです。
BB_20180616blog_PHOTO11.jpg
BB_20180616blog_PHOTO10.jpg
この「粉々になった発泡スチロール」も悩みの種。拾っても拾っても拾っても、拾いきれないほど、次から次へと出てきます。こういうゴミが、世界的に海洋汚染として問題になっている「マイクロプラスチック」の一因になっているのでは?悩ましいです。。
BB_20180616blog_PHOTO12.jpg

一方、干潟では、コメツキガニの巣がどんどん広がり、
BB_20180616blog_PHOTO14.jpg
姿をカモフラージュしている(つもりの)蝶の幼虫も発見。日に日に、干潟が活気付いてきていることを体感できます。
BB_20180616blog_PHOTO13.jpg

そして、終了時間に。皆さん、お疲れ様でした(ハイ、チーズ!)
BB_20180616blog_PHOTO15.jpg

もう1年の半分が終わります。早いですね!
夏に飛来する渡り鳥たちで、干潟の様子がどんどん変わってきます。季節の移り変わりを体感できる活動へのご参加、是非お待ちしております!
2018-06-23(Sat)
 

5月の干潟清掃で「渡り鳥サポーターになろう」

初夏のいい季節になりました。
でも、空は朝から重たい曇り空。雨が降らないだけ、ラッキーだったのかもしれませんね。
BB_20180519blog_PHOTO1.jpg

今日は5月19日。今月は第3土曜日の開催です。
BB_20180519blog_PHOTO2.jpg

今回は2つの企業「三越伊勢丹グループ様」「マルイグループ様」の多くの方にご参加いただきました。ありがとうございました!
まずは、恒例のブリーフィングからスタートです。
BB_20180519blog_PHOTO3.jpg
偶然にも「デパート合同チーム」での活動になったこともあり、皆さんで「頑張ろう!」掛け声で気持ちを一つに!(いいね!)
BB_20180519blog_PHOTO3*
その後、ネイチャーセンター地下で干潟観察へ。東京湾の生き物を体感していただき、盛り上がりました。
BB_20180519blog_PHOTO4.jpg

いざ!干潟へ!
今日は中潮で、干潟が広く広がり、清掃活動には良いコンディション。
BB_20180519blog_PHOTO5.jpg
大人数のパワーで、とても汚れていた干潟のゴミは、どんどん減っていきます。さずがです!
BB_20180519blog_PHOTO6.jpg
BB_20180519blog_PHOTO8.jpg
BB_20180519blog_PHOTO7.jpg
子供達も大活躍!ありがとう!
BB_20180519blog_PHOTO12.jpg
BB_20180519blog_PHOTO13.jpg
そして、敢闘賞はこちら!
このゴミ「何年もの?」と思わせる様な、何年も堆積していたゴミを、掘り起こして無事拾得(すごい!) 思わず「獲ったど〜!」という声が聞こえてきます(笑
BB_20180519blog_PHOTO10.jpg
BB_20180519blog_PHOTO11.jpg

前回に引き続き、今日もゴミだらけ。
干潟工事の影響から、元の姿に戻すには、根気強く頑張らないとダメですね。。
BB_20180519blog_PHOTO14.jpg
BB_20180519blog_PHOTO15.jpg
カバンの落し物。。。ここは街中ではありません
BB_20180519blog_PHOTO16.jpg
砂だらけのヒーローは、泣いていますよ。。。
BB_20180519blog_PHOTO17.jpg
そして、干潟の生き物たちも、活動を始めた様子です。
コメツキガニの巣が、ゴミの間を縫うように広がっている様子に、残念な気持ちになりました。
BB_20180519blog_PHOTO18.jpg

そして終了時間に。皆様、お疲れさまでした(ハイ、チーズ!)
子供たちの姿が、逞しい!ありがとう!
今日は非常に多くのゴミを拾得できました。さすが、大人数のパワーです!
BB_20180519blog_PHOTO19.jpg

前回ブログでも言及しましたが、残念ながら、干潟工事後の干潟の汚れ具合がひどい状況です。早く元の姿に戻すために、多くの皆様のご参加おまちしております!
2018-05-19(Sat)
 

4月の干潟清掃で「渡り鳥サポーターになろう」→干潟リターン篇

いよいよ、新年度がスタート。
春到来!というより、20℃を超える気候に「あれ、春は終わり?」という気分になってしまいますね。
公園内の植物は春全開!
BB_20180407blog_PHOTO1.jpg
桜も終盤ですね。
BB_20180407blog_PHOTO2.jpg

今日は4月7日。小潮。
BB_20180407blog_PHOTO3.jpg
暖かい気候と共に、鴨たちの季節も、そろそろ終わりですね。
BB_20180407blog_PHOTO4.jpg

今日の活動は、干潟の工事終了後、干潟での「初」活動になりました。
「一体、干潟はどんな風に変わっているのか?」という期待と共に、いざ、干潟にGO!

すると、今までは「保護エリア」への境界線になり、施錠のあった「ゲート」が開放に!
BB_20180407blog_PHOTO5.jpg
干潟への誘導看板も掲出されていました。
BB_20180407blog_PHOTO6.jpg
ゲートの先も、歩道が整備され、いつもとは様変わり。
BB_20180407blog_PHOTO7.jpg

すると、干潟には、新しい「観察エリア」が登場していました!
BB_20180407blog_PHOTO8.jpg
観察エリアの「窓」からは、干潟はこんな風に見えます。
BB_20180407blog_PHOTO9.jpg

すると、新たに「鉄のゲート」も出現!ここが「保護エリア」との新しい境界線になるんですね。
BB_20180407blog_PHOTO10.jpg
BB_20180407blog_PHOTO11.jpg

そして、4ヶ月ぶりの干潟に到着!
BB_20180407blog_PHOTO12.jpg
浜大根の花が、干潟に彩りを加えてくれていますね。春っぽい!
BB_20180407blog_PHOTO13.jpg
BB_20180407blog_PHOTO14.jpg
先ほどの新設「観察エリア」は、干潟側から見ると、こんな感じです。
BB_20180407blog_PHOTO15.jpg

「さぁ、はじめるよ!」と思ったら、
目に飛び込んでくるのは、干潟が非常に非常に汚れている姿(驚)
あまりの酷さに、とても悲しい気持ちになりました。
BB_20180407blog_PHOTO17.jpg
BB_20180407blog_PHOTO18.jpg
BB_20180407blog_PHOTO20.jpg
BB_20180407blog_PHOTO19.jpg

どうして、3ヶ月間でここまで汚くなるのか?
非常に多かったのは、この袋。何の袋?
BB_20180407blog_PHOTO21.jpg
次に目立っていたのは、プラスチック製のゴミ(産廃っぽい)。
BB_20180407blog_PHOTO22.jpg
おまけに、工事告知の看板。。
BB_20180407blog_PHOTO23.jpg
工事業者は、工事だけして、掃除して帰らなかったのか?ちょっと「怒り」の感情もこみ上げてきますね。

そして、短時間&少人数でしたが、リアカーいっぱいのゴミ拾得!(ゴミが多すぎて、干潟のゴミは全く減っていません!)
BB_20180407blog_PHOTO24.jpg

東京都は、渡り鳥の飛来環境整備&公園来園者へのサービス拡充を目的にして、長い時間をかけて工事を進めてきたんだと思います。でも、干潟で目の当たりにする光景は、「ゴミに溢れた汚い干潟」。渡り鳥も、来園者も、どう感じるんでしょうか?矛盾していませんか。

(でも)心機一転!気がついた人が動けばいい!
これだけ汚れていると、これからの干潟清掃活動に「気合い」が入りますね。是非、皆様のご参加お待ちしております!
2018-04-07(Sat)
 

3月の干潟清掃で「渡り鳥サポーターになろう」

もうすぐ春ですね〜♪
公園の「梅」は満開、道端に「蕗のとう」を見つけることができる季節になりましたね。
BB_20180303blog_PHOTO1.jpg
BB_20180303blog_PHOTO2.jpg
鴨たちも、春の訪れを感じているのでしょうか?
BB_20180303blog_PHOTO3.jpg

今日は、3月3日。ひな祭りで、大潮です。
BB_20180303blog_PHOTO4.jpg
今回も、前回・前々回に続き、隣接する大田市場と公園の境界フェンス周辺の清掃活動を実施しました。
上を見上げると、樹々に囲まれた素敵な空間なのですが、、、
BB_20180303blog_PHOTO5.jpg
フェンス周辺はゴミだらけ(泣)。。
BB_20180303blog_PHOTO6.jpg
お弁当ゴミや、空きカン・空き瓶、、、
BB_20180303blog_PHOTO7.jpg
BB_20180303blog_PHOTO8.jpg
発泡スチロールの箱がこんなにも。。。
BB_20180303blog_PHOTO9.jpg
モラルを全く感じられない状況に、悲しくなりますね。大田市場で働く皆さん、しっかりしてください!

あまりにも大量のゴミに、清掃活動は黙々と進みました。
BB_20180303blog_PHOTO12.jpg
BB_20180303blog_PHOTO10.jpg
前回に続いて、5歳のアルト君も頑張ってくれました!エライ!
BB_20180303blog_PHOTO11.jpg
少人数の活動になりましたが、こんなにもゴミが集まりました。残念ですね。
BB_20180303blog_PHOTO13.jpg

そして、終了時間に。皆さん、お疲れ様でした(ハイ、チーズ!)
BB_20180303blog_PHOTO14.jpg

さて、来月から「干潟での清掃活動」に戻ります!新しい干潟はどの様な姿になっているのでしょうか?
まだ工事は続いている様子でしたが、、
BB_20180303blog_PHOTO15.jpg
新しい干潟エリアの「完成予想図」が公園内で紹介されていました。楽しみですね。
BB_20180303blog_PHOTO16.jpg
次回の活動は「4月7日(土)」。皆様のご参加、お待ちしております!
2018-03-10(Sat)
 

2月の干潟清掃で「渡り鳥サポーターになろう」

寒い日が続きます。。。
これも地球環境変化の影響なんでしょうね。地球「温暖」化なのに「寒い」。地球の仕組みは不思議です。
BB_20180210blog_PHOTO2.jpg
でも、今日は少し暖かく、ホッとできました。
木々が蕾を膨らましている姿を見ると、春が近いことを感じますね。ホッコリ
BB_20180210blog_PHOTO1.jpg

今日は2月10日。長潮(干満の差が最も少ない時の潮)。
BB_20180210blog_PHOTO3.jpg

3月まで続く干潟工事は、どんどん進んでいる模様ですね。
BB_20180210blog_PHOTO4.jpg
この工事期間は干潟へ立入禁止の為、先月に続き、公園と大田市場の隣接しているエリアのゴミ収拾活動を実施しました。
先月も驚きましたが、今回も非常に汚れていました!残念。。
BB_20180210blog_PHOTO5.jpg
ご丁寧に、コンビニ袋にゴミがしっかり纏められていて、いかにも「投げ入れました」という状況が散見されます。
BB_20180210blog_PHOTO6.jpg
こんな車の機器まで。一体、どういうことなんでしょうか?
BB_20180210blog_PHOTO7.jpg
BB_20180210blog_PHOTO8.jpg
大田市場で働く皆さん、しっかりしてください!!!

長い長いフェンス際のゴミ収拾は大汗!
BB_20180210blog_PHOTO9.jpg
よく参加してくれるアルト君(5歳)も、とても頑張ってくれました。偉い!
BB_20180210blog_PHOTO10.jpg
BB_20180210blog_PHOTO11.jpg

そして活動終了時間に。少人数でしたが、リアカーいっぱいになるゴミが集まりました(涙)
皆さん、お疲れさまでした(ハイ・チーズ!)
BB_20180210blog_PHOTO12.jpg
干潟清掃活動ができない期間ではありますが、干潟では知りえない「気づき」はありますね。「大田市場で働く大人たちが捨てた(と思われる)大量ゴミを、5歳の子供が一生懸命に片付けている」光景に、大変な「違和感」を覚えるのは私だけではないはず。とても考えさせられる活動になりました。
次回も園内での清掃活動になりますが、皆様のご参加、お待ちしております!

2018-02-11(Sun)
 
BLUE BIRDとは...

BLUE BIRD

Author:BLUE BIRD

~青い空と海を自由に渡る鳥のように~ 「つながり」をテーマに、その大切さをWorld Wideに伝えていく…ファッションを通して、環境や生物のつながりを五感で感じ、伝えていく活動をしています。鳥は、環境のつながりを教えてくれるメッセンジャー。地球に生きるメンバーであることを、もう一度想い出そう... Re"member"一緒に感じてみませんか?
QRコード
QR
検索フォーム