FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

12月 干潟清掃で渡り鳥サポーターになろう!

こんにちわ!
今回は、ひさびさの清掃活動に参加しました、yukiが書かせていただきます。


今年も残すところ、あと3週間。
ということで、世間ではそろそろ大掃除の時期になってきますね。

大掃除には、こんな意味があります。
「一年分の汚れを除去し、新たな年に歳神を迎える準備をし、
新年を新たな心持ちで始められるようにする」

ブルーバードも、新たな心持ちで新年を迎えられるようにと
毎月お世話になっている、干潟を大掃除してきました。


12月7日の本日は、風も太陽も穏やかであり、気持ちの良い気候でした。
2013年12月7日(土)干潟清掃で「渡り鳥サポーターになろう!」①
澄みきった空の青さと、鮮やかな紅葉のコントラストが素敵でした。

2013年12月7日(土)干潟清掃で「渡り鳥サポーターになろう!」②
「今日はどんな鳥がくるんだろう」と、野鳥の最新情報を収集!!

今の時期はカモさんが多いそうです。
カモは冬鳥であるため、冬になると日本に多く飛来します。
カモが多いということだけで、冬本番の到来を感じますね。
2013年12月7日(土)干潟清掃で「渡り鳥サポーターになろう!」③
道具ももって出発!!

そして干潟に到着、、、、
しましたが、干潟の面積が減っている???!!
2013年12月7日(土)干潟清掃で「渡り鳥サポーターになろう!」④
とまあ、減っているわけではなく、
丁度到着した時間が満潮だったようで、狭く見えている!というだけです。

潮の満ち引きという自然の神秘をかんじましたね。
2013年12月7日(土)干潟清掃で「渡り鳥サポーターになろう!」⑤
そして、奥のほうには、カモの群れが!!!

遠くてカモの種類は、見分けられませんでしたが・・・

おそらく最近シベリアの方から、飛んできて休憩している模様です。
たくさん食べて、体力を回復しているのかな!!


さて、清掃活動に戻ります。
2013年12月7日(土)干潟清掃で「渡り鳥サポーターになろう!」⑥
この写真では伝わりにくいかもしれませんが・・

とても水が澄んでいるんです。

夏と比べると、キラキラした印象を受けます。
この澄んだ水と、ヨシのコラボレーションがきれいですね!


今回の清掃は、うっそうとたヨシ原の中まで、切り込んでいきました。
特攻隊長の気分です。
2013年12月7日(土)干潟清掃で「渡り鳥サポーターになろう!」⑦
そんな、隅々まで掃除をした今回ですが、
ゴミの量もだいぶ豊作でした!(喜んではいけないのですがね!笑)

サクサクっと紹介していきます!
2013年12月7日(土)干潟清掃で「渡り鳥サポーターになろう!」⑧
かわいい靴の中敷きです。猫の絵がカワイイなと、はしゃいでおりました。

2013年12月7日(土)干潟清掃で「渡り鳥サポーターになろう!」⑨
モノポリー?というゲームの中で使うカードだそうです。
刑務所に行く前に、干潟に流れ着いちゃいましたね。

2013年12月7日(土)干潟清掃で「渡り鳥サポーターになろう!」⑩
続いては、ビール缶、4連続!!

忘年会シーズンも到来し、ゴミはきちんとゴミ箱へ戻すことは忘れないでほしいですね。
やるべきことは、きちんとやって新年を迎えたほうが、みんなきもちいです!


さて、お次は、どうやら隣の市場から流れてきたものと考えられます。
2013年12月7日(土)干潟清掃で「渡り鳥サポーターになろう!」⑪
こんなに大きくてしっかりした箱。

風で運ばれたのか、海で運ばれたのか分かりませんが、自然の力はすごいですね。
2013年12月7日(土)干潟清掃で「渡り鳥サポーターになろう!」⑬

そして、今回のゴミで苦労したのが、このクリアファイル!
2013年12月7日(土)干潟清掃で「渡り鳥サポーターになろう!」⑭
なんと、全ページに砂が入り込んでいて、とにかく重いんです!

そんな重い状態で、ゴミに出しても、燃やすのに余計なエネルギーが加わると考えられます。

なので、手間ですが、こうやって、、、、
2013年12月7日(土)干潟清掃で「渡り鳥サポーターになろう!」⑮
2013年12月7日(土)干潟清掃で「渡り鳥サポーターになろう!」⑯
水の中で、ファイルを前後にゆすって砂を取り出します。

この動作がまるで、紙すきのような、、、海苔づくりのような、作業に似ているなと感じました。
私自身も、それをイメージしながらファイルをゆすっていました笑

ゆすること2~3分。
2013年12月7日(土)干潟清掃で「渡り鳥サポーターになろう!」⑰
こんなに綺麗になりました!!綺麗になるのはなんでも嬉しいですね。

(しかし、このあと砂まみれファイルを2つも発見して、悲鳴をあげました。)


さて、この写真をみて、なにか不思議だと思いませんか?
2013年12月7日(土)干潟清掃で「渡り鳥サポーターになろう!」⑫
このゴミを、ヨシが下から突き上げて貫通しているのがわかります。

つまり、自分の頭上にモノがあるかどうかお構いなしに
伸び続けるヨシの活力がすさまじいということです!!

この元気すぎるヨシ、
人間がわざわざ定期的に切っているとのことですが、
切っても切っても生えてくるんです!

そのありあまるヨシの活力を、うまく利用できないかと
最近、私たちは考えています。


ヨシは古来より、様々な形で人間の生活と密接に結びついていました。
茎をつかって、すだれにしたり、屋根材(茅葺屋根)としても親しまれていました。

しかし、時代を追うごとにヨシの利用率は減り、
人間との関わりが少なくなってきました。

そんななか、
紙の材料としてのヨシを使うのはどうかと、清掃中に話がでてきました。

紙の材料にできれば、ヨシの有効利用ができると考えられます。


また、この付近の大森海岸という場所、
江戸時代より、海苔の生産が盛んな場所であり「日本の海苔養殖発祥の地」とも言われ、
海苔生産の中心的な役割をはたしてきた場所でした。

なぜいきなり海苔の話をしたかといいますと、

この海苔を作る技術と、紙を作る技術が似ているからです。

詳しくは、→干潟清掃の後は「大森 海苔のふるさと館」へGo!の巻をご覧ください。


海苔の話をしてもらったときですが、
なにかがつながりそうな予感がしています。ワクワクしてます。


今後ブルーバードは
こういった湿地の有効利用を、提案しながら実現していきたいです。

賢く使う「ワイズユース」こそが、
自然と人間の理想的な関わり方だと思います。
2013年12月7日(土)干潟清掃で「渡り鳥サポーターになろう!」⑱
清掃時間も終了。

ふと振り返ってみると、先ほどはあんなに満ちていた潮も
一気に引きました。

たった2時間で、こんなにも差が出るんですね。
2013年12月7日(土)干潟清掃で「渡り鳥サポーターになろう!」⑲

最後に今日の成果です!

少人数でしたが、大量でしたね!本当に大掃除できたと思います!
2013年12月7日<br />(土)干潟清掃で「渡り鳥サポーターになろう!」⑳
新年に向けての準備が整った感じがします。

では、2013年最後の清掃活動でした!!
来年2014年もいい年になるハズです!

みなさま、よいお年を!

-----------
ここからは、お知らせになります!

2014年干潟清掃初めは、1月11日(土)になります。ブログを読んで頂いたみなさま、是非ご参加ください!

2013-12-09(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント


BLUE BIRDとは...

BLUE BIRD

Author:BLUE BIRD

~青い空と海を自由に渡る鳥のように~ 「つながり」をテーマに、その大切さをWorld Wideに伝えていく…ファッションを通して、環境や生物のつながりを五感で感じ、伝えていく活動をしています。鳥は、環境のつながりを教えてくれるメッセンジャー。地球に生きるメンバーであることを、もう一度想い出そう... Re"member"一緒に感じてみませんか?
QRコード
QR
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。